FC2ブログ

棚からカビ餅

おっぱいとハンドボールならおっぱいが好きです。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

第5回くどオフ使用構築「我孫子スタン」

1192さん主催の第5回くどオフに参加してきました。
毎回直前になって慌てて育成していますが(風物詩)、今回は前日にメインロムのデータが消えたので前回よりも更に死にそうな顔でピコピコしていました。乱数はギリギリ間に合ったのですが育成が間に合わず、本来の構築から少し変わっています。一応実際に使用したPTを書いて個別解説の部分で本来の構築を紹介していきます。

【使用PT】
サンダース@カムラ/蓄電
臆病 157-*-81-130-138-190
10万ボルト/影分身/身代わり/バトンタッチ

ソーナンス@ウイ/影踏み
図太い 290-*-121-*-86-51
カウンター/ミラーコート/みちづれ/神秘の守り

キノガッサ@食べ残し/胞子
陽気 129-181-97-*-72-133
気合パンチ/宿木のタネ/身代わり/キノコの胞子

サイドン@ラム/石頭
意地 178-185-130-*-57-87
地震/ロックブラスト/剣の舞/メガホーン

トドゼルガ@カゴ/厚い脂肪:1192さんからのレンタル個体
図太い 冷凍ビーム/絶対零度/アンコール/眠る

メタグロス@オボン/クリアボディ
意地 187-190-151-*-111-103
コメットパンチ/地震/リフレクター/だいばくはつ

以下追記で個別解説です。


【個別解説】
サンダース
サンダース@カムラ/蓄電
臆病 157-*-81-131-139-190
ついでだと思ってめざ氷70で乱数したのでBC両方に4振りができずB8になっていますが、本来はBCに4ずつです。使用個体のDが1低いのは振り忘れかと思われる…。
poeさんのテッカダースのサンダースをそのまま流用、努力値についてはもう少しこの構築に合った調整が出来そうだと感じました。

ソーナンス-s
ソーナンス@ウイ/影踏み
図太い 290-*-121-*-86-51
一般的なウイナンスだと思います。アンコールを思い出させないまま進化したので神秘の守りになっています。構築の話し合い相手と僕がおしゃボ厨だったので、孵化ではなく野生乱数で捕まえました。
その際Sを妥協してしまったので、本来のウイナンスでSに回すべき努力値をそのままDに振っています。多少Sが遅くともおしゃぼという点で先制は取れるので大丈夫だと思います。真面目な話をすると構築自体が低速アタッカーにそこまで弱くなさそうだったからというのもあります。

キノガッサ
キノガッサ@残飯/胞子
陽気 161-151-106-*-81-134
所謂メソズレが連発して、このままじゃオフに間に合わないと思ったのでASVの適当なキノココを育ててオフに持っていきました。
XD対戦画面でH実数値が129なのがバレてしまいましたが、本来はSに振った残りをHBに回す型でした。

サイドン
サイドン@ラム/石頭
意地 181-200-140-*-65-92
使用個体の実数値が低いのは努力値の振り忘れかと思います…。
鬼火やのしかかりの麻痺に強く行動出来るのでラムを持たせました。
ASぶっぱですが、こちらもダースと同じく改善出来そう。

トドゼルガ-s
トドゼルガ@爪/厚い脂肪
臆病 207-*-120-116-110-127
冷凍ビーム/絶対零度/アンコール/身代わり
乱数は間に合ったが育成が間に合わなかった悲しい個体。
こちらもpoeさんのテッカダースの構築から配分をお借りしました。
BCDSが全て30なので少し数値が足りていないので少し配分を変更しています。

gross.png
メタグロス@拘り鉢巻/クリアボディ
意地 175-198-152-*-111-108
コメットパンチ/地震/岩雪崩/大爆発
poeさんの構築から…。当日は育成が間に合わないと判断し、とりあえずBOXの中にいた速そうなリフグロスを投入。

―――――――――――――――――――

【PT構築の経緯】
前回のダブルでの柏スタンをふまえて、千葉県のオタクと「じゃあ俺らは我孫子スタン組もうぜ」という流れで名前が決まりました。元々テッカダースを使いたいという所からスタートして、poeさんのテッカダースガッサを参考にPTを作って試運転をしていたのですが、途中からテッカニンはいらないんじゃないかという流れになり、サンダースにカムラを持たせた1匹完結のバトンの形になりました。

【カムラ単体バトンについて】
試運転の段階で今までのくどオフでのPTなどを見ながら流していたのでカビグロスサンダーの並びは当然想定していましたが、サンダーサンダース対面になった場合は無理に分身を積まずに身代わりをしようという話になり、(poeさんが)電磁波用に持たせていたクラボが浮くことになりました。そこで「どうせ身代わりバトンなんだからサンダース単体で加速バトンを回せるようにしよう」と思ってカムラを持たせてみると、予想以上に上手く動けたのでテッカニンを抜いてサンダース単体での運用にしました。メインのバトン先になるキノガッサはSの実数値が134なので、正直2段階以上の加速というのは余剰気味で、カムラ1回分で十分だったというのも大きいと思います。

【単体バトンのメリット】
・テッカニンがいないので加速バトンがバレにくい
→こちらの選出が読まれにくく、普通のテッカダースでは対応が苦しいポケモンを相手が選出しないことがあった。
・構築の幅が広がる
→相手のPTにラティがいるとテッカダース+キノガッサは選出しにくいが、空いたテッカニンの枠にソーナンスを入れることで苦手なラティに強く出られるようになった。

【単体バトンのデメリット】
・基本的に積みバトンは1回のみ
→通常のテッカダースPTはギミックを使い回すことも視野に入れて対戦するが、このPTは基本的に1度きりなので複数回サイクルすることがない。普通のテッカダースよりも吠える/吹き飛ばしに弱い。
・テッカニンの粉回避
→参考にしたpoeさんのテッカダースはテッカニンに光の粉を持たせており、粉回避から分身が見込める。しかし、テッカニンを不採用にしているため、サンダースの身代わりが残った場合くらいしか分身を積む機会がなかった。
・サイドンの素早さ
→サイドンにバトンをする際はテッカニンが複数回の加速をすることが望ましいが、この構築だとカムラ1回分しかサイドンに渡せないため、速度不足が気になりがちであった。

【最終結果】
予選[カビゴンブロック]を4-2で抜けて準決勝で敗退、3位決定戦負けでシングル4位でした。
ポケモンの対戦はめちゃくちゃ下手くそなんですけど、そんなオタクがいきなり結果を出せるくらいには良いPTだと思います。PT考案者が使ってたら優勝してたと思います。

【反省】
基本選出はダースナンスガッサにしていました。
個別解説でもちょくちょく書きましたが、テッカダースの形を崩すにあたって細かい配分の改善が出来るなと感じました。正直テッカダースはかなりプレイングが出るPTだと思うんですが、こっちも元が同じ以上簡単に使えるものではなく、3決で負けた後は自分の下手さに結構凹んでました。
緊張で頭が回らなくなっていたとはいえ、3決は選出負けだと感じたので、ソーナンスのカバー力を活かしながら相手のPTに合ったエースを選出するべきだと改めて実感しました。

【参考記事】
【GBA】構築:テッカダースガッサ - poe式パンセ
テッカニンパのさん! - りゅうせいぐん を はずさない
GBAシングル構築 純正テッカバトン系 アサシンスタンダード - 化石場文化センターオンライン


最後に主催の1192さん、スタッフの皆様、開催ありがとうございます。そして参加者の皆様お疲れ様でした!とても楽しかったです!
スポンサーサイト

| 三世代 | 20:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://go343.blog.fc2.com/tb.php/18-b83cfd32

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。